Skip to main content

Hiroko Nozawa

Hiroko Nozawa's Public Library

  •  この状態で、確率pを0にして randomize する、すなわちリンクのつけかえをせずに 固有値の分布だけを見ると、小さい値はほぼ等差数列(直線がフィットしそう)で あるが、上位3割ぐらいはそれから外れていて、直線にもフィットしそうにない。 確率pを0.2位にしてリンクの付替を繰り返すと、距離の平均値がほぼ一定の値に 落ち着くと同時に、固有値の分布もほぼ全体が一つの直線にフィットするようになる。 

     この現象は確かランダム行列の話と関わっている記憶があるが、今はちょっと わからないので、宿題。線形から離れるところを定量的に評価できれば、それが ランダムネスの一つの指標になるだろうし、それと距離平均の関係を調べても 面白そう。

  •  2003デジタルコミュニケーションプロデュース論より

  • som_pak 日本語ラベル出力

  • 新聞サイトの読者数は、18歳から34歳までの層を中心に徐々に増加している。こうした年齢の読者層は、広告主が求めてやまない層だ。

  • 関明彦氏(デジタル・アイランド)の「デジタル情報・機能・デザイン:アジアの現場から」では、現在氏が取り組んでいる子供向けのオンライン・コミュニティ「Monja Town」と、そのブラウザ「Monja Kids」を紹介。このコミュニティは、子供たちが自らメディア・リテラシーを獲得していく一種のトレーニングの場であり、ブラウザはそのためにユーザー自身の手でデザインをカスタマイズできる特徴を持っていると説明し、オーディエンスの注目を集めた。

  • ビル・バープランク氏( インターバル・リサーチ)は、「触ることのできるインタラクションのデザイン」として、現在実験と商品化が進められているTangibleな(触ることのできる)デバイスを活用した研究のコンセプトと実例を発表した。
  • コミュニティーのための知恵・情報・インタフェース
  • その後に続いたリズ・サンダース氏(ソニックリム)の「 情報デザインの視野を広げて−情報から経験へ 」

5 more annotations...

  • 「グリーンマップ」も、都市生活者が主体的・自律的に都市のなかのエコロジーに目覚めていくための情報環境
  • 英国のある地域に潜在する人々の情報交換のニーズとシーズを、一種のシナリオの形で掘り起こし、情報技術とデザインの力を加えてシステムに構築しようとする
  • フィリップス・デザインの「Living Memory」

3 more annotations...

  • ミュニティデザイン協議会(以下CDC: Community Design Council)は、芸術・文化・学術・教育などの公共性の高い事業をおこなう組織や団体に向けて、交流促進支援事業やイベント開催事業をおこなうNPO(特定非営利活動法人)です。行政区分やコミュニティの利害を超えた人材活用ネットワークの構築やITスキル、デザインなどさまざまなノウハウの移転をめざしています。

  • 「助けて」と叫ぶ代わりに「警察を呼んで」「110番して」と叫べば、周辺の住民のうち、何人かは110番通報をしてくれることでしょう。
1 - 20 of 50 Next › Last »
20 items/page

Highlighter, Sticky notes, Tagging, Groups and Network: integrated suite dramatically boosting research productivity. Learn more »

Join Diigo